ブログトップ

rainforest

stsuchiya.exblog.jp

「TRAILer 佐々木友輔作品上映」9月16日@BARRAK

「沖縄戦」をテーマにした、映像作家の佐々木友輔さんの『TRAILer』、年頭の東京・イメージフォーラムでの上映に続き、ようやく沖縄でも公開できる運びになりました。これは、地元沖縄の方々にぜひ観ていただいたいので、どうかご来場をお待ちしております!!

「TRAILer 佐々木友輔作品上映」
映画を通じて人間の生きる場所と風景の問題に取り組む映像作家、佐々木友輔による作品『TRAILer』(2016年)の沖縄初上映。沖縄戦を手がかりとして、映像とテキスト、声と音楽が多層的な場所のイメージを形成する。佐々木の過去作品である『新景カサネガフチ』(2010年)も同時上映します。
日時:2017年9月16日(土) 18:00~
場所:BARRAK(沖縄県那覇市大道35-5)
上映作品:『TRAILer』(2016年)、『新景カサネガフチ』(2010年)
※上映終了後、佐々木友輔×土屋誠一・トーク
料金 500円
問い合わせ 070-5555-0142 tsuchiya@okigei.ac.jp

[作品紹介]
『TRAILer』
デジタル/50分/2016年
制作: 佐々木友輔
朗読: カニエ・ナハ
朗読脚本: 土屋誠一
音楽: 田中文久
内容:1945年の春。米軍が読谷村・渡具知から沖縄本島に上陸し、同年6月に摩文仁の丘で日本軍の組織的抵抗が終了した。2015年の冬。私は渡具知ビーチと沖縄平和祈念公園を検索し、GoogleMapだけを頼りに、2点を結ぶ撮影の旅に出た──。初めて訪れた土地のイメージと、その土地に抱いてきたイメージの距離を探る〈場所映画〉の最新作。

『新景カサネガフチ』
デジタル/69分/2010年
制作: 佐々木友輔
朗読: 菊地裕貴
出演: 石塚つばさ
音楽: 田中文久
2011年、関東鉄道常総線に新しい駅ができて、その土地の名前も「ゆめみ野」に変わった。街のめまぐるしい変化に寄り添って暮らしてきた一組の夫婦は、ある出来事をきっかけにして、街の歴史と夫婦の時間を、交差させ、かさね合わせるようにしながら追憶していく。そこに浮かび上がってくるのは、いつか夢に見た景色――累ヶ淵。『夢ばかり、眠りはない』に続く〈風景映画〉。

http://barrack.strikingly.com/
https://ja-jp.facebook.com/barrack.203/
[PR]
# by rnfrst | 2017-08-17 18:12

北島敬三WORKSHOP写真塾 公開講座「「群写真」考」10月7日@photographers' gallery

下記のような講座を担当します。
ハードな内容でいまからドキドキしていますが、ぜひご来場を。

北島敬三WORKSHOP写真塾 公開講座「「群写真」考 東松照明におけるモダニズムの条件」
内容紹介(文責土屋):私たちは写真という芸術と向き合う際、つくり手であれ鑑賞者であれ、「写真の編集」という事態と無関係ではありません。複数の写真を、連続的なストーリーとして、あるいはゆるやかな想起の連合として、さらにあるいは写真の複数形はカッコに入れて単一のタブローのように、それを強く意識するとしないとにかかわらず、内面化された様々な慣習にしたがって扱っています。「群写真」とは聞きなれない用語かもしれませんが、日本における「戦後写真」の最重要人物であった東松照明(1930-2012)が提唱した、写真の編集法についての画期的な概念(1970年)です。しかしながら、これがいかなるシステムであるのか、ほとんど理解されていないのが現状であり、そもそも東松自身、どの程度自覚的に方法論を組み立てていたのかさえはっきりしない曖昧な概念です。今回の講義では、この概念の概略を説明しつつ、その成立のあらましを、東松におけるその時代との、そして東松周囲の環境との関係を踏まえつつ歴史的に辿ります。そしてこの概念が今日どの程度使用可能性を持つのか否かを問い、その後の土屋、倉石、北島によるトークでは、写真の編集上の扱い方の議論を行うとともに、戦後日本において展開されてきた写真表現のハードコアを把握することを目論みます。

開催日:2017年10月7日(土)
会場:photographers' gallery
講演:土屋誠一 16:00-17:00
鼎談:土屋誠一、倉石信乃、北島敬三(司会) 17:10-18:30
聴講費:2,500円
定員25名・要予約
※本講座の聴講は、北島敬三WORKSHOP写真塾の受講生を問わず、どなたでもご参加いただけます。
※ご予約後、お客様のご都合によりキャンセルされる場合はお手数ですがご連絡をお願い申し上げます
連絡なしでご欠席の場合、後日聴講費をご請求させていただく場合がございます。スペースの都合上、定員に限りがありますゆえ、なにとぞご協力とご理解をお願い申し上げます。

http://pg-web.net/documents/lecture/workshop-lecture/
[PR]
# by rnfrst | 2017-08-15 07:16

石川竜一×川島小鳥「写真は“いま、ここ”を撮るべきなのか?」(聞き手:土屋)『美術手帖』2017年9月号

私が聞き手を務めた、表題の対談が掲載されています。
ぜひご一読ください。

http://www.bijutsu.press/books/2017/08/-179.html
[PR]
# by rnfrst | 2017-08-14 11:00

特別講座「美術からみた「演劇性」再考 日本における新劇ムーヴメントを中心に」9月8日@美学校

ここ数年、毎年お招きいただいている「宥学会・遊学塾」でレクチャーします。
ぜひご来場を!

特別講座「宥学会・遊学塾 」第42回「美術からみた「演劇性」再考 日本における新劇ムーヴメントを中心に」講師:土屋誠一

昨今、演劇ブームの様相を呈していますが、歴史的に振り返ってみても、日本における美術のアヴァンギャルドの周囲にもまた、演劇というジャンルは常に影響少なからぬ要因として関わってきたと思われます。美術批評家/美術史家のマイケル・フリードによる、パラゴーネ(ジャンル弁別)としての「シアトリカリティ」概念はあまりにも有名ですが、歴史的には弁別よりもむしろ、ジャンル横断のほうこそが、確実な成果を生んできたと言えるでしょう。今回の講義では、「築地小劇場」を代表例とするいわゆる「新劇」を改めて振り返ることで、美術において「演劇」とは何かを考えてみつつ、今日の芸術における参照項となることを目論みます。

プロフィール
土屋誠一(つちや・せいいち)
1975年生まれ。美術批評家、沖縄県立芸術大学准教授。共著に『絵画検討会2016』(アートダイバー)、『現代アート10講』(武蔵野美術大学出版局)、『批評 前/後 継承と切断』(ユミコチバアソシエイツ)など。

日程:2017年9月8日(金)
時間:19:00~
場所:美学校 本校(東京都千代田区神田神保町2-20 第二富士ビル3F)
参加費:1500円
申込み:受講申込みは不要です。直接美学校にお越しください。
問合せ:宥学会 yugakukai@mbr.nifty.com

http://bigakko.jp/opn_lctr/omega/042
[PR]
# by rnfrst | 2017-08-12 17:24

研究会「今、写真を考える」8月29日@同志社女子大

下記の研究会において発表します。
倉石信乃さんと同じパネルで、前川修さん、佐藤守弘さんという最強布陣を迎えてディスカッションという、俺、死ぬんじゃないだろうか(笑)という神感がありますが、めずらしく関西圏での登壇なので、どうぞお越しいただければ幸いです。

研究会「今、写真を考える」
日時:8月29日(火)15時から
会場:同志社女子大学今出川キャンパス純正館308教室

報告:
15時~15時40分
土屋誠一(沖縄県立芸大)「われわれは何をもって〈写真〉とみなすのか 写真の条件の(再)確認」
15時45分~16時25分
倉石信乃(明治大学)「島嶼性と写真記録」
ディスカッション:
16 時40 分~18 時
報告者+司会 前川修(神戸大学)
コメンテイター 佐藤守弘(京都精華大学)

共催:科学研究費補助金 基盤研究(B)「アウタースペース/インナースペース/インタースペース・アートの美学」研究代表者 前川修(神戸大学)研究課題番号17H02286
[PR]
# by rnfrst | 2017-08-06 18:39

レクチャー「アートにおける「バラック」を「BARRAK」で考える」7月29日(土)@BARRACK

下記のようなレクチャーをやることになりました。
手塚太加丸らが運営するBARRACKが、新しいスペースを拡充して活動を開始しているので、その理論的文脈強化というか、キックオフというか、私からのご祝儀というか。
私としては沖縄では珍しく、日本における美術(いや、多分他のジャンルにも言及せざるを得ないと思いますが)の「アヴァンギャルド」について語りつつ、現在形の話に接続する予定なので、普通に勉強になると思われます(プロ除く)。
というわけで、ぜひご参集を!

アートにおける「バラック」を「BARRAK」で考える
講師:土屋誠一

 沖縄で活動を開始した共同制作スペース「BARRACK」は、2014 年に活動をスタートし、2017 年7 月から、新しいスペースを運用開始します。これまでの活動を振り返りつつ、これからの新しい展開に全力をつくすために、スペースの名前である「バラック」にちなんで、その美術史的コンテクストについて、美術批評家の土屋誠一さんをお招きし、レクチャーイヴェントを開催します。

日時:2017年7月29日(土)18時-20時
場所:BARRAK(沖縄県那覇市大道35-5)
駐車場はありません
入場料無料(1ドリンクオーダーをお願いします)

講師よりの概要説明
「スペースがオープンしてから、BARRACK の活動を追ってきましたが、このスペースの名前がずっと気になっていました。すれっからしの美術批評家からすれば、その名称は大正時代の「前衛」の人々がかかわった「バラック装飾社」を想起するからです。世界全体が不安定な情勢である今日、関東大震災というカタストロフィを引き金としてスタートした「バラック装飾社」は、短命ではあったものの、この時代に芸術が何ができるかを考えるために、表現ジャンルを横断した、集団(コレクティヴ)的活動を展開する上でのヒントが多く含まれていると思います。「バラック装飾社」に参集した、今和次郎、吉田謙吉、あるいは「MAVO」を率いた村山知義らの仕事を振り返りつつ、美術、建築、演劇といったジャンルの横断と、危機的状況下において表現活動をいかに展開させるか、その可能性について考えたいと思います。」(土屋誠一)

土屋誠一
1975 年生まれ。美術批評家、沖縄県立芸術大学准教授。著書(共著)に、『現代アート10 講』、『批評 前/後 継承と切断』、『拡張する戦後美術』など。

https://ja-jp.facebook.com/barrack.203/
[PR]
# by rnfrst | 2017-07-23 15:11

山内昌也『渓の響』発売中

琉球古典音楽の野村流師範(歌三線)で、私の勤務先の同僚でもある、山内昌也さんの表題の独演CDが発売されました。
私はブックレットに「『渓の響』によせて」というライナーノートを寄稿させていただいております。
ぜひご購入を!といっても、自費出版盤であるため、購入するための情報が、ネットのどこにも落ちていない……(汗)。
というわけで、ご購入希望の方は、私の連絡くだされば山内さんに繋ぎますので、そういうことでよろしくお願いいたします!
ちなみにお値段、フルアルバムで2500円(税込)と、大変お安くなっております。
[PR]
# by rnfrst | 2017-05-31 16:50

トークイベント「美術館という地雷原 それらは不発のままで保たれうるか?」6月2日(金)@ゲンロンカフェ

表題のイベントに登壇します。
超重要な話をしますので、ぜひご来場ください。

「美術館という地雷原──それらは不発のままで保たれうるか?」
登壇者:岡﨑乾二郎 × 岡田温司 × 土屋誠一
日時:2017年6月2日(金) 18:30 ~ 21:00(開場17:30)
場所:ゲンロンカフェ
【イベント概要】
ここ数年、美術に対する相次ぐ表現規制は、美術館という機関においてもまた無関係ではない。とりわけ日本国内においてのそれは、かつてから懸念されていた制度的疲弊を、結果的に明白するものとなった。
美術館に対する露骨な軽視は、確かにこの国の文化的民度を示しているかもしれない。とはいえ美術の側から、美術館を擁護する有効な手立てがとられていない上、美術館経営においても、危機意識が共有されていないことがはっきりしたのではなかろうか。
今回のイベントでは、美術家かつ美術批評家でもある岡﨑乾二郎、美術史家である岡田温司、表現規制への反対論陣の形成にかかわってきた批評家の土屋誠一の3人が、ここ数年の動向を批判的に総括しつつも、「美術館」が本源的に持つポテンシャルを議論する。

http://genron-cafe.jp/event/20170602/
[PR]
# by rnfrst | 2017-05-19 07:47

「黒嵜想×土屋誠一 アーギュメンツ沖縄 in BARACK」2017年5月17日

表題のトークイベントに登壇します。
緊急ですので準備万端というわけではありませんが、ネット上でもリアルタイムで配信されるのだと思います。
ぜひご来場、無理ならばご視聴いただければ。

「黒嵜想×土屋誠一 アーギュメンツ沖縄 in BARACK」
日時:2017.5.17
19:30開場
20:00開始
21:30終了予定

登壇者プロフィール:
黒嵜想(くろさき・そう)
1988年生まれ。音楽学に拠らない音声論を中心的な論題とし、批評やイベント企画などの活動を展開。『アーギュメンツ#2』編集、声優論『仮声のマスク』(本誌連載)、活動弁士・片岡一郎氏による無声映画説明会「シアター13」など。

土屋誠一(つちや・せいいち)
1975年生まれ。美術批評家。沖縄県立芸術大学准教授。著書(共著)に『実験場 1950s』(東京国立近代美術館)、『現代アートの巨匠』(美術出版社)、『現代アートの本当の見方』(フィルムアート社)、『現代アート10講』(武蔵野美術大学出版局)など。

会場:BARACK(那覇市大道130 森田ビル203)

入場料:無料
※ただし会場ではアーギュメンツの販売が行われます

https://note.mu/kurosoo/n/n1ab423eea7ed
[PR]
# by rnfrst | 2017-05-17 08:05

山城知佳子写像展「存在の海」クロストーク@RENEMIA 6月11日

表題の展覧会で、映像作家・美術家の山城知佳子さんと、久しぶりに対談します。
この展覧会、盛りだくさんの上映企画やらトークやらがてんこ盛りなので、ぜひ通い詰められることをお勧めします!

--------------
山城知佳子 写像展
存在の海 The Sea of Being

ひとつの終わりには、新たなはじまりがあるー
波紋のように幾重にもひろがる山城知佳子の映しだす世界を
映像から切り取った写真作品と上映会にてご紹介します。

沖縄に生まれ、この地で制作を続ける山城の作品は、
圧倒的な映像美と複層的に絡み合う物語性の高さにおいて
観る者を惹きつけてやみません。
それは同時代を生きる私たちに多くの気づきを与え、
そして生きていくうえでかけがえのない糧となるでしょう。

あいちトリエンナーレ2016で話題となった最新作《土の人》をはじめ
これまでの作品を網羅する上映会とトークを作家自身、
また多彩なゲストを迎え会期中の毎週末に開催いたします。

------------------------------------------------------------------
会期:2017年5月27日(土)~6月11日(日)14時~19時/入場無料 *CLOSE 5/29,30 6/5,6
会場:RENEMIA(那覇市牧志2-7-15)
主催:株式会社レネミア、LUFT コーディネート:町田恵美
問合せ:RENEMIA 098-866-2501|http://www.renemia.com/

上映プログラム/有料
時間:19時半~ *上映終了後にトークイベントを予定しています。
定員:40名(事前申込/先着順)*座席に限りがあり、立ち見になる場合もあります。予めご了承ください。
料金:1500yen 1drink付き
申込み方法:RENEMIA 098-866-2501(受付時間:14時~19時 ※日曜定休)

5/27(土)A:クロストーク ゲスト:近藤健一(森美術館キュレーター)
 28(日)B:アーティストトーク
6/3 (土)C:クロストーク ゲスト:富田大介(追手門学院大学社会学部 准教授)
 4 (日)D:アーティストトーク
 10(土)E:アーティストトーク
 11(日)F:クロストーク ゲスト:土屋誠一(美術批評家/沖縄県立芸術大学 准教授)
A)黙認浜(27分/2007)、アーサ女(7分/2008)、肉屋の女(27分/2012)
B)BORDER(8分/2003)、OKINAWA墓庭クラブ(6分/2004)、オキナワTOURIST(20分/2004)、ホースバックライティングガールズ(7分/2008)
C)Music Song Dance『PACIFIKMELTINGPOT / In Situ Osaka 2013』リサーチワーク編(60分/2015)
山城知佳子+砂川敦志(水上の人プロダクション)
D)ノーラ・チッポムラ記録映画(40分/2015)
E)あなたの声は私の喉を通った(7分/2009)、沈む声、紅い息(6分/2010)、コロスの唄(9分/2012)、創造の発端(18分/2015)
F)土の人(26分/2016)   

作家略歴
山城知佳子(映像作家、美術家)
1976年沖縄生まれ。沖縄県立芸術大学大学院絵画専修修了、現在同大学非常勤講師。
近年の主な展覧会に、2016年「あいちトリエンナーレ2016」、2015-16年「第8回アジアパシフィックトリエンナーレ」QAGOMA(オーストラリア)、2015年「East Asia Feminism: FANTasia」ソウル市立美術館(韓国)、2012年「森美術館MAMプロジェクト018:山城知佳子個展」森美術館などがある。KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2017では「土の唄」と題し、近年の作品を組み合わせ発表した。

ゲスト略歴
近藤健一(森美術館キュレーター)
2003年より森美術館勤務。「MAMプロジェクト018:山城知佳子」(2012)、「アラブ・エクスプレス展」(2012),「アンディ・ウォーホル展」(2014)、ビル・ヴィオラやゴードン・マッタ=クラークの映像作品上映(2015)などを企画。2014―15年にはベルリン、ハンブルガー・バーンホフ現代美術館で客員研究員を務める。

富田大介(追手門学院大学社会学部 准教授)
専攻は美学、身体文化論、ダンス。近著に、太平洋諸地域の研究者やアーティストがR・ショピノを軸に展開した国際プロジェクトの記録集『身体感覚の旅——舞踊家レジーヌ・ショピノとパシフィックメルティングポット——』(大阪大学出版会、2017年)がある。

土屋誠一(美術批評家/沖縄県立芸術大学 准教授)
共著書に、『実験場 1950s』(東京国立近代美術館、2012)、『現代アートの巨匠』(美術出版社、2013)、『現代アートの本当の見方』(フィルムアート社、2014)、『拡張する戦後美術』(小学館、2015))、『批評 前/後 継承と切断』(ユミコチバアソシエイツ、2017年)、『現代アート10講』(武蔵野美術大学出版局)など。
[PR]
# by rnfrst | 2017-05-07 11:42