ブログトップ

rainforest

stsuchiya.exblog.jp

<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「ひろしま in OKINAWA 石内都展」 シンポジウム

沖縄・宜野湾市にある佐喜眞美術館で、今月16日から石内都さんの個展が開催されますが、その関連シンポジウムに出席します。
展覧会の概要は、美術館のウェブサイトを参照してください。
http://sakima.jp/

6月20日(日)15:00- @佐喜眞美術館
シンポジウム「記録と記憶をめぐって おきなわ/ひろしま/ながさき」
石内都・東松照明・比嘉豊光・土屋誠一

ご覧のごとく、ビッグネームの写真家たちが列席するシンポジウムですね……。
「普天間問題」渦中のデリケートなタイミングではありますが、むしろこんな状況下だからこそ、歴史的惨禍と写真をめぐっての、真剣な議論が行われるべきだと思います。
[PR]
by rnfrst | 2010-06-08 02:04

座談会「なぜ、沖縄か」

つい先日発行されたばかりの最新号、写真雑誌『LP』11号に、私が参加した座談会が掲載されています。

石川直樹・土屋誠一・タイラジュン「なぜ、沖縄か」

『LP』は写真家たちによって沖縄で発行されている同人誌で、一般書店では入手し難いですが、この雑誌のウェブサイトに入手可能な書店一覧が出ています。
通信販売も行われています。
http://lp-magazine.net/

ところでこの号には、友寄寛子さんによる、写真家・伊志嶺隆についての記事が掲載されています。
友寄さんは、沖縄戦後写真を真摯に研究している、恐らく唯一の研究者で、2011年1月5日~1月16日に那覇市民ギャラリーで開催される、「伊志嶺隆写真展」の企画にも深く関わっておられます。
ちなみに目下のところ、私の職場の同僚でもあります。
伊志嶺隆という、沖縄で活動し、極めて特異なスタイルを持った写真家は、とても寡作であり、かつ1993年に四十代後半で夭折しています。
そのような事情もあって、彼の活動の全貌はほとんど知られていないわけですが、この展覧会は、丁寧な作品調査に基づいたものとしては、初めての回顧展になるようです。
この展覧会は巡回しないようですし、伊志嶺の写真がまとまって見られる機会は、恐らくこれを見逃すと当分ないでしょう。
[PR]
by rnfrst | 2010-06-08 00:50

ブログ開設

個人ブログを開設しました。
twitterでの情報発信がデフォルトになりつつある現在、「いまさらブログw」という感じですけれども、基本的に反時代的な者なので、それも良いかと。
業務告知がメインになりますが、それ以外のエントリをアップすることもあるかもしれません。
[PR]
by rnfrst | 2010-06-08 00:15