ブログトップ

rainforest

stsuchiya.exblog.jp

<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『読売新聞』2010年8月19日 「比嘉豊光写真展」

本日付の『読売新聞』朝刊に、今月23日まで開催中の、比嘉豊光さんの展覧会について、展覧会評を寄稿しました。

さて、比嘉さんが撮影した「骨」の写真に基づく一連のプロジェクト、私も企画の初期段階から、コーディネーターを務めた先日のシンポジウムに至るまで、遠からぬ関係で関わってきたのですが、これにて「さしあたり」私の役割は一段落で、次にバトンタッチ、ということになります。
この「骨」をめぐるプロジェクトは、某出版社から刊行が予定されている出版物や、10月に明治大学で予定されている展覧会およびシンポジウムなど、様々なかたちで「散種」されていくはずです。
明治大学でのイヴェントの開催情報を、下記に貼っておきます。

明治大学人文科学研究所主催
~明治大学公開講座~ 講演とシンポジウム「沖縄と『戦世』の現在/記憶(仮題)」
日時:10月30日(土)13:00~18:00
会場:明治大学駿河台校舎アカデミーコモン2階会議室
第1部/基調講演:比嘉豊光 司会:合田正人
第2部/シンポジウム:倉石信乃、合田正人(他) コメンテーター:比嘉豊光 司会:越川芳明
※参加講師については変更の可能性があります。
比嘉豊光写真展「骨からの戦世」より
会期:10月29日(金)~11月5日(金)
会場:明治大学内アカデミーコモン1階
[PR]
by rnfrst | 2010-08-19 17:51

「遺骨の語るもの――比嘉豊光写真展に寄せて 上」

 佐喜眞美術館において、まとまった形としては今回初めて展覧される比嘉豊光の写真は、浦添市前田および那覇市真嘉比の遺骨収集現場で、沖縄戦時の戦没者の遺骨を撮影したものである。遺留品から明らかなのは、彼ら戦没者が日本兵であるということだ。沖縄という場において写真家であることに自覚的である比嘉にとって、かつての(そして、形を変えながら今もなお)「侵略者」である「日本」が被写体となることは、かなり異例の事態ではある。ただ、これらの写真は、声高な政治的メッセージのために撮影されたものではないし、ましてや、そのような目的のために展覧されるものでもない。写真一枚一枚を注意深く見ると理解できることだが、写真がなにものかの目的のために提供されているように見えることを避け、ごく淡々と撮影されたものであることが分かると思う。撮影においても、簡易なデジタルカメラが使用されており、類推するに、「比嘉豊光」という写真家による「写真作品」を制作することが目指されているわけでもない。
 写真という表現媒体が、被写体となる何ものかの「痕跡」であるならば、見方によっては遺骨もまた、沖縄戦という過去の爪痕の「痕跡」であると、ひとまず言うことができる。つまり、写真と遺骨とは、それらが「痕跡」であるという点において、極めて似通った性質を持つ。だから写真は、沖縄戦の残された「痕跡」を記録し、決して忘却すべきでない歴史的惨禍としてのそれを後世に伝え、遺骨は、その紛れもない証言者となる。けれども、写真と遺骨との関係は、そのように一般化できるほど、単純ではない。
 確かに比嘉が撮影した被写体は、「日本兵」の遺骨である。だが、少し想像力を働かせれば分かることだが、これらの遺骨を沖縄戦下の「日本兵」として、一元化してしまうことは原理的に無理がある。なぜなら、およそ65年前に没した彼ら「日本兵」は、それぞれ名前を持つ個別的な人間であり、個別的な人間の死は、他の死と決して取り換えの効かない単独的なものだからだ。いったい彼らは、どのような状況で、そして、どのような思いをもって没したのか。今日知ることができることは、ほとんど皆無といってよい。当たり前のことだが、死者は何かを語ってくれるわけではないのだから。何も語らない彼ら「日本兵」をして、沖縄戦の加害者として告発することは不可能であるし、同時に、戦時体制下の国策に巻き込まれてしまった無垢なる一民衆である被害者として哀悼することもまた、不可能である。ただ、遺骨が証言するものとして、唯一確かなことは、ここで沖縄戦があったという事実である。
 65年の時を経て遺骨として現われた死者を前にして、私たちは、ほとんど口を噤まざるを得なくなる。何も語らない死者たちに対して、私たちは軽々しく思い付きの感想を述べてはならない。だが、決して短くはない時を経てすらも、このように遺骨が現われることは、沖縄戦が過去の事象ではなく、「今日」なお継続する現在の問題であることを明白に示している。ならば、重い口を押し開いてでも、私たちは沖縄戦について、今日の問題として思考しなければならないし、今回の展覧会は、まさにそのような思考を促すものとして企図されたものであるはずだ。この展覧会の関連企画として、筆者がコーディネーターを務めるシンポジウムは、遺骨とその写真をめぐる思考を具体的に検討する場として設けられる。

『琉球新報』2010年8月9日
[PR]
by rnfrst | 2010-08-10 17:48

『琉球新報』2010年8月9日 「遺骨の語るもの――比嘉豊光写真展に寄せて 上」

本日付の『琉球新報』に、先のエントリでもお知らせしている、今月11日より佐喜眞美術館で開かれる比嘉豊光さんの展覧会に合わせたテクストを寄稿しました。
私が寄稿した記事は「上」となっていますが、明日の『琉球新報』には、西谷修さんによる「下」が掲載されるようです。
[PR]
by rnfrst | 2010-08-09 14:49

【急告】パネリスト変更 「骨からの戦世―65年目の沖縄戦 比嘉豊光展」シンポジウム

先日、↓
http://stsuchiya.exblog.jp/11499311/
でお知らせした、沖縄宜野湾市・佐喜眞美術館でのシンポジウムですが、パネリストが変更になりました。

第2部に屋嘉比収さんのご登壇を予定していましたが、都合により、屋嘉比さんにかわって若林千代さんにご登壇いただくことになりました。
以下に改めて、シンポジウムの変更後の内容を掲示します。

シンポジウム「「骨」をめぐる思考」
開催日時:8月15日(日)14:00~
会場:佐喜眞美術館  
プログラム・コーディネーター:土屋誠一

(1)「写真の「残りのもの」――死/表象をめぐって」
パネリスト:
倉石信乃(詩人、批評家、明治大学准教授)
豊島重之(ICANOFキュレーター)
土屋誠一(美術批評家、沖縄県立芸術大学講師)

(2)「はたして「戦後」なのか?――遺骨の語るもの」
パネリスト:
北村毅(文化人類学、沖縄研究、早稲田大学客員准教授)
西谷修(フランス思想、戦争論、東京外国語大学教授)
若林千代(沖縄現代史、沖縄大学准教授)
司会:
土屋誠一
[PR]
by rnfrst | 2010-08-04 15:00