ブログトップ

rainforest

stsuchiya.exblog.jp

<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「あの、2011年8月28日」@トーキョーワンダーサイト渋谷

美術家の雨宮庸介さんの呼びかけによる、下記の催しに参加します。
この催しが一体どのようなものになるのか、当日フタを開けてみないとどうなるか全く分かりませんが、分かっているのは、雨宮さんが中心になって行う仕掛けであるということと、ちょっと普通ではあり得ない顔合わせで何ものかが行われるということです。
私自身は、予定では夕刻からのポストトークに参加するはずです。
1日限りのイヴェント、お見逃しなく。

タイトル:「あの、2011年8月28日」※開催当日以降はタイトルが「併走論」に変わります
開催日時:2011年8月28日(日)11:00-19:00(14:30-15:30はトークを含む。17:00-19:00はポストトークを含む。時間は全て予定です。)
参加:青山悟・雨宮庸介・安齊重男・梅田哲也・O JUN・沢山遼・千葉正也・土屋誠一 (50音順)
展覧会情報:http://www.tokyo-ws.org/archive/2011/07/next---tws10.shtml
会場:トーキョーワンダーサイト渋谷 〒150-0041 東京都渋谷区神南1-19-8
TEL: 03-3463-0603 / FAX: 03-3463-0605
開館時間:11:00-19:00(入場は閉館30分前まで)
アクセス:渋谷駅(JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン/東急東横・田園都市線/京王井の頭線/東京メトロ銀座・半蔵門線・副都心線)各駅より徒歩8分 ※駐車場はございませんので、お車でのご来館はご遠慮ください。


今回のトーキョーワンダーサイトの展示は震災によって大きく変更されて、今に至っていると聞かされた。
その中で僕にも「何かやってくれ」と依頼が来た。
言うまでもなく3月11日に起きた今回の震災は多くの人命と財産を一瞬で奪い去った忌むべき出来事だ。
同時に、震災は従来の価値観をいともたやすくひっくり返し、暗部を明るみに出し、膨大な絶望を投下し、ついでに少しの希望を与える事さえした。
語弊はあるが、それ、芸術がやりたかったエフェクトじゃないか? 僕が作品でいつかやりたかったエフェクトじゃないか? 僕は震災以来、どこか震災そのものに嫉妬しつづけている。
震災直後にたくさん聞こえてきた「芸術は必要か?」という問いは、震災以前にもそんな問いは成立してはいなかったという意味でとても卑怯で、いつの時代も「芸術は重要か?」が正しい問いなはずだ。「必要」と「重要」は似て非なるものだ。
震災を経て実感する事は、人々のある種のリテラシーレベルが上がっている事だ。口先だけのゲームやただ借りてきたものに付き合う時間は誰にも存在しなくなってしまった。自らの身体を担保に、作品を作る意義とそれを人に見せる意義、そのどちらの意義について理由を開示しながら制作する。そんな手つきだけが説得力を有するようになったように思える。
僕は思い立って「身体を伴って作品と併走している、それが妙なシークエンスを思い描かせる」そんな作り手数人に声をかけさせてもらった。公開制作と呼んで良いのかどうかわからないが、その「画家が絵の前でとる構え」みたいなものを抽出し、それ自体が現在と併走をはじめたら、きっと絵画・彫刻・写真・音楽・パフォーマンスとか、そういったカテゴリーでは捉えられない、新しい腑分けが斜めに一本見通せるはず。そこで手に入れた新しい地図を持ち、改めて世界を見渡したいと思うのは僕だけではないはずだ。

雨宮庸介(呼びかけ人)
[PR]
by rnfrst | 2011-08-19 14:21

『美術手帖』2011年9月号 「線描が振り付ける 「MOTコレクション 特集展示 石田尚志」展」

本日発売の『美術手帖』の「REVIEWS」欄に、表題の展覧会評を寄稿しました。
当該展覧会は10月2日まで開催されているとのことですので、未見の方は展覧会をご覧になった上、拙稿もお読みいただければよりベターかと思われます。
[PR]
by rnfrst | 2011-08-17 20:45

美術月評〈7月〉

 1980年代に制作されたものから、最近作に至るまで、よりすぐられた作品によって作家の軌跡が綴られていた「長尾紀壽展 型染 祀りから沖縄へ」(佐喜眞美術館、6月29日~8月8日)は、この型染作家の優れた特質を明らかにしていた。扱う主題は、祭りや農園の様子といったもので、ともすれば泥臭い表現になりそうであるが、その感覚は極めて洗練されている。作品の洗練は、同じ型紙の正版、逆版をともなって画面上に反復的に展開される図像が、画面の統一性を保っていることによるだろう。長尾の作品が強調する、反復と統一性は、作品の画面に豊かな視覚的歓びを与える。ひとつの型による図像の部分部分に注目すれば、その反復の構造によって、画中に意識を没入させられるような、目まいのような感覚が引き起こされる。一方、画面の全体を俯瞰してみれば、統一感のあるゆるやかな律動の構造が見えてくる。
 そのようないわば平面的な装飾性から、より近年の作品にいたっては、再現的な絵画性へと、ゆるやかに変遷してきている。このことを、構造の強調から、風景の強調へと転じていると見ても差し支えなかろう。作家自身の日々の生活でまなざされる風景から獲得されたであろう、画面上に展開される単一の図像の数々は、長尾の作品に、日常性の徴を刻むものであるが、それよりも重要な点は、これまで長尾が積み重ねてきた型紙の、その反復という構造に加えて、色彩のグラデーションや、反復を用いない明確な図像が、ひとつの画面上に複雑に折り込まれているということであろう。そのことによって、画面は奥行きの感覚を増しているのである。
 扱うイメージはゆるやかな日常の風景という親密さを語るものであるかもしれないが、作品の全体像としては、親密さを越え、観る者に注意深いまなざしを向けさせる重層的な豊かさを伝える。高度な型紙の技術と、洗練された感覚とによって裏付けられた長尾の作品は、工芸か美術かという区分を越えて、優れた作品とはすなわち、優れた技芸(アート)なのであるという端的な事実を、明確に指し示していた。なおこの展覧会はこの後、熊本市現代美術館に巡回(9月14日~10月30日)するとのことである。
 大山健治による個展「vision」(GALLERY point-1、7月16日~24日)は、作品としては単純な仕掛けでありながらも、視覚による今日的な空間認識の形式にかかわるものであった。出品された作品は2点で、まず、移動する雲がカメラのフレームから消え去るまでを、空を見上げる仰角で撮影したヴィデオ作品、それから、地図上の等高線をトレースした跡を残すカーボン紙そのものが、正円形の額縁に額装された作品である。作品の媒体は異なるが、これらには共通する点がある。それは、仰角と俯瞰に共通する、世界に対して水平にまなざしを向ける形式である。
 ここで起こっていることは、視覚の脱身体化である。重力に従って地に足をつけ、世界と垂直に対峙するような視覚の形式とは異なり、いわば、まなざしだけが身体を離れ、浮遊しているかのような事態を、作品は指し示している。仮想的なまなざし、とでもいうべき視覚の形式であるわけだが、このことは、非場所的かつ脱時間的な今日のメディア環境を享受する私たちの、その見ることの経験と関係を持つ。大山は、そのような視覚のあり方を否定するでも肯定するでもなく、ただその形式のみを慎ましやかに提示する。作品が示すものは、作品を観る者が、「見る」ということそれ自体を意識せざるを得なくなるような、自己言及性である。
 ヴェテランの詩人と画家である、川満信一、高良勉、喜久村徳男、新垣安雄による展覧会、「越える 絵画と詩のコラボ」(南風原町立南風原文化センター企画ホール、21日~30日)では、とりわけ喜久村の作品が優れていた。〈赤い地平線〉と題された連作では、画面上部を占める朱色の色面と、その下部の、具象的な形象を想起させるような筆触とが、並置されている。平坦に塗られた色面は、シリーズとして作品が読み解かれることを促し、観る者が注目するのは、その筆触の豊かなヴァリエーションである。このシリーズの今後の展開を期待させるものであった。
 写真家の母親の故郷を主題とした「母の奄美 伊波一志写真展」(gallery M&A、21日~31日)は、「母」というプライヴェートな関係性に、その作品の根拠を、いささか委ね過ぎていたように思われる。写真が表現としての普遍的な強度を持つのは、私性を突き抜けた地点にあるはずだ。恐らくこのシリーズは、まだ取りかかったばかりの初期報告展なのであろう。今後より多くの「量」が撮影されることによって、強度を獲得していくことになるだろう。
 「石垣克子展2011夏 黄色い旅人と雲」(アトリエKAIGA、23日~31日)は、旧作を含む、画家自身のスタジオでの小規模な展覧会であったが、この極めて優れた画家の新たな展開が、確かに刻まれていた。とりわけ、郵便封筒にペンで描かれた、石垣の「いつもの」キャラクター達がびっしりと描かれた作品は、圧倒的な「量」を描くこの画家の特質が顕著に現われていた。「量」が「質」を獲得する、本当に稀有な作家である。
 そのほか、「ふたりてん 小泊良・眞喜屋修」(陶・よかりよ、7日~18日)、「池永仁美展 わたしと愉快な仲間たち」(沖縄県立芸術大学附属図書・芸術資料館 企画展示室、9日~14日)、當銘友紀、玉寄真季子、平良亜弥による「三人展 とくとく こここ すーん」(kufuu、22日~31日)があった。

『沖縄タイムス』2011年8月5日
[PR]
by rnfrst | 2011-08-06 15:53

『沖縄タイムス』2011年8月5日 「美術月評〈7月〉」

『沖縄タイムス』の本日付の記事として、「美術月評」を寄稿しました。
[PR]
by rnfrst | 2011-08-05 09:29

『artscape』「現代美術用語辞典 ver.2.0」

美術系ウェブマガジンのartscapeが今年になって始めた「現代美術用語辞典 ver.2.0」(旧用語辞典には結構お世話になった人も多いはず)に用語解説を担当しています。
http://www.artscape.ne.jp/artwords_beta/
私が担当しているのは「写真」のカテゴリーにある項目で、複数人で分担執筆しています。決定版になるのは今年末ということで、目下「β版」とのことですが、以後徐々に項目が追加されていくはずです。
旧用語辞典同様、結構「使える」ウェブ辞典になりそうですが、大学の授業のレポート課題とかで、ここからまんまコピペする学生も増えそうですね。
まぁいいんですけど…。
[PR]
by rnfrst | 2011-08-02 09:45