ブログトップ

rainforest

stsuchiya.exblog.jp

<   2015年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

12月12日(土)disPLACEment――「場所」の置換vo.3「佐々木友輔作品「土瀝青 asphalt」上映会」

目下、新作が上映されているところだと思いますが、映像作家の佐々木友輔さんをお招きして、佐々木さんの代表作と言ってよいと思いますが「土瀝青 asphalt」の上映会とトークを開催します。
今回はひとまず上映とトークのみですが、「disPLACEment」のシリーズ名が付いているとおり、ここ10年間ぐらい休眠状態だった、photographers' galleryをベースにしての活動を再起動させるという意味もあります。
というわけで、目下は上映会の告知だけですが、「これだけで終わるわけではない」という点は、お楽しみにどうぞ。
ともあれ、ななんと無料で入場できますので、ぜひご来場を!

disPLACEment――「場所」の置換vo.3
佐々木友輔作品「土瀝青 asphalt」上映会


日時:2015年12月12日(土)13時30分~(入場は30分前から)
場所:沖縄県立芸術大学 首里当蔵キャンパス 一般教育棟 大講義室 附属図書・芸術資料館 多目的室 ※会場が変更になりました!
入場無料

タイムテーブル:
上映 13時30分~
  (休憩)
トークセッション 17時00分~ 佐々木友輔×土屋誠一

「土瀝青 asphalt」(DV/186分/2013年)
制作 佐々木友輔/朗読 菊地裕貴/音楽 田中文久/ロゴ 藤本涼/原作 長塚節『土』/主題歌『おつぎ歌』(作曲:田中文久、作詞:菊地裕貴、歌:飯塚理恵子、ヴァイオリン、秋山利奈)

佐々木友輔(映像作家)
1985年生まれ、兵庫県神戸市出身。映画制作を中心に、展覧会企画や執筆など様々な領域を横断して活動している。イメージフォーラム・フェスティバル2003一般公募部門大賞。主な上映に「夢ばかり、眠りはない」アップリンク・ファクトリー、「新景カサネガフチ」イメージフォーラム・シネマテーク、「アトモスフィア」新宿眼科画廊、「土瀝青 asphalt」キネアティック、主な著作に『floating view “郊外”からうまれるアート』、『土瀝青――場所が揺らす映画』(編著、トポフィル)がある。

主催:沖縄県立芸術大学 土屋研究室(tsuchiya(at)okigei.ac.jp)
助成:公益信託宇流麻学術研究助成基金

http://qspds996.com/asphalt/
[PR]
by rnfrst | 2015-11-22 21:35

「移動をめぐるブックガイド 生存のための言葉」『早稲田文学』2015年冬号

表題のエッセイを寄稿しました。
私へのオーダーは、「移動」にかかわる「沖縄」というエリアでの文学作品を取り上げてほしい、というものだったのですが、白井明大さんの今年刊行された詩集『生きようと生きるほうへ』(思潮社)を取り上げることにしました。
『ワセブン』の「世界文学」特集で詩集かよ!というツッコミもあるかもしれませんが、私としては直球どストレートを投げたつもりです。
ぜひお読みいただければ幸いです。
さらに、白井さんの『生きようと生きるほうへ』、本当に素晴らしい詩集なので、拙稿をきっかけにして、ぜひそちらもお読みいただければ!

http://www.bungaku.net/wasebun/magazine/wasebun2015win.html

http://shiraiakehiro.sakura.ne.jp/s/index.html
[PR]
by rnfrst | 2015-11-17 22:23

O JUN ライブドローイング&トークショー@沖縄県立芸術大学 第29回芸大祭

表題のイヴェントで司会をします。
私の本務校での、今年の芸大祭のゲストとして、画家のO JUNさんをお招きするという話が、芸大祭実行委員の学生から持ち上がり、私が聞き手を務めさせていただくということになりました。
「聞き手」といっても、あくまで私は交通整理約の司会で、O JUNさんに質問を投げかけるのは、芸大祭の主役である学生たちです。
そして、なによりも観るべきものは、O JUNさんのライブドローイングでしょう。
いつでも観られるものではないので、これは貴重です!
ぜひ、お越しください!

「O JUN ライブドローイング&トークショー」
日時:2015年11月3日(火・祝)18:00~20:30
場所:沖縄県立芸術大学 首里当蔵キャンパス 奏楽堂
聞き手:土屋誠一

https://twitter.com/29okigeisai
[PR]
by rnfrst | 2015-11-02 00:31