ブログトップ

rainforest

stsuchiya.exblog.jp

<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

土屋誠一に聞きたい!100のこと@たみ(鳥取)8月25日

鳥取大学の筒井宏樹先生の研究室が合同で主催する「にんげん研究会」で、鳥取に参上することになりました。
100個の質問が投げかけられるそうで、戦々恐々としております……。
近隣にお住まいの方、よろしければご来場ください。
なにが起こるのか、私も当日行ってみないとわからないですが、頑張って面白い会にします。

トーク「土屋誠一に聞きたい!100のこと」
ゲスト:土屋誠一氏(沖縄県立芸術大学准教授)
聞き手:田中優 門脇瑞葉 (鳥取大学筒井宏樹研究室)

日 時|2016年8月25日(木)19:00〜
場 所|たみ
参加費|無料
企画|鳥取大学にんげん研究会(地域学部五島・仲野・小泉・筒井研究室)
お問い合わせ|ninninninlab@gmail.com
にんげん研究会facebook|https://www.facebook.com/ningenkenkyukai/?fref=ts

http://www.tamitottori.com/news/log/201608_927.html
https://www.facebook.com/ningenkenkyukai/posts/537790396406830
[PR]
by rnfrst | 2016-08-14 12:01

「美術月評〈7月〉」

 石垣克子は、どこまでその芸術家としての展開を広げるのか、畏怖するばかりだ。実質的に石垣の個展といっていいであろう、定期的に開かれる「夏のopen sksk」(sksk、7月23日~30日)では、近作と新作が、会場の壁面全体に全面展開されていた。
 石垣自身は至って堅実に、そして着実に作品の制作を続けているわけだが、そのような唯物論的事実と裏腹であるかのように、タブローであれ、ペン画であれ、コルクを使用した作品であれ、その他雑多な制作物であれ、すべてが等価で聖性を宿している。
 現世と常世のあいだにそれらは位置し、観る者を宙吊りの地点へと連れて行く。このような感想は、単なる印象批評に過ぎないとの誹りを覚悟で言っているつもりだが、もう少し美術史的なアプローチで語るならば、宗教画の系譜に、構図だけで言うならば、あたかもミケランジェロの〈最後の審判〉を思わせなくもない。
 ただし、石垣の描くものは、西洋の一神教は相応しくなく、東洋の多神教的なそれと親和的である。序列のない等価な、石垣が描くキャラクターは、全てが霊性を宿しており、ほとんど曼荼羅に近い。
 このような前近代的な説明をせざるを得ないのは、美術批評において敗北を認めるようなものだ。この美術月評欄で私はしばしば石垣の作品を取り上げてきたが、石垣の作品を視覚情報の事実性のみに頼って説明するのは、もはや限界である。
 逆に言えば、石垣の作品を、狭い「美術」なる制度のみに囲い込むことほど、退屈であることはないとすら思う。とはいえ、批評家の役割としては、なんらかの方法で作品を言語化する必要があるので、今はせいぜいその方法を考えるしかないわけだが、このような文章を綴らせてしまうほど、少なくとも私にとっては慄くしかないのであり、そしてそれは、少なからぬ人々に共有されるはずであると信ずるものである。
 「2016年・沖縄写真 まぶいぐみ連続写真展vol.4 花城太&長崎健一」(galleryラファイエット、7月23日~31日)の、長崎健一の作品には注目したい。作品は、長崎の故郷である宮古島の祭祀「6月ニガイ」の様子を撮影したものである。沖縄の祭祀を撮影する写真家は、比嘉康雄や比嘉豊光らが先行するわけだが、その後の世代となると、絶えて久しかったように思う。
 勿論、祭祀の様子を通過者として撮影していく写真家は少なからずいるだろうが、長崎のように、自ら数年かけて祭に参加し、粘り強く撮影するような観測者は、寡聞にして知らない。長崎の写真は、モノクロのストレート写真という、極めてオーソドックスなものだが、そのことを批判するつもりは、少なくとも私には一切ない。
 周知のとおり、沖縄の各地で行われてきた祭祀は、継承者を失い消滅していこうとしている。これは、近代化の必然的な帰結である。しかし、それでもなお、数多くの祭祀が残存していることは、厳然とした事実である。
 そのような事実性にしっかりと対峙し、近代の申し子であるカメラを携えつつ、毎年の祭祀に参加する長崎の率直な心性を、誰が批判できるであろうか。長崎が祭祀を通じて一体何を見つめているのか、いつの日か写真集としてまとめられることを期待しておきたい。
 歴史検証としての展覧会としては、「琉球王国のやきもの」(首里城公園黄金御殿特別展示室、7月8日~10月5日)、「王国の染織」(那覇市歴史博物館、7月8日~8月31日)が開かれており、両方とも質の高い作品が展示されている。
 特に前者は、初めて観るような新鮮さを持つ優れた品が出品されており、琉球国時代の工芸品の良質なエッセンスが注意深く選ばれているという印象を受けた。
 後者はしっかりとした展覧会カタログも製作されており、総じて学芸員の高い意欲を感じる。ただ、それらの工芸品が、どのような歴史的位置づけを持つのか、特に新しい視点が提示されていなかったのが、いささか残念ではあると思うのは欲張り過ぎであろうか。前者は、朝鮮の陶工が来琉して400年を記念する企画であり、県内各施設で連鎖的に関連する展覧会が開かれるそうなので、そちらにも期待したいところではある。
 「平敷兼七二人展シリーズ『沖縄人人』vol.2 平敷兼七×石川竜一」(平敷兼七ギャラリー、5月20日~8月14日)は、優れた写真家である平敷を顕彰することを否定するものではないが、全国、そして海外と展覧会が続き過ぎている石川は、このペースで展覧会のオファーを引き受けていくと、写真家として潰れてしまうのではないかといささか心配だ。
 私もまた、石川の仕事を優れたものと評価する者であるが、撮影から展示や写真集の出版に到達するまでは、それなりの時間を要するのは当然であり、ほとんど月に平均1本ぐらいの展覧会をこなしているかのような現在の石川には、そもそも撮影している時間があるのだろうか。
 写真家が撮影していないとするならば、本末転倒になるのは自明であり、様々な展覧会に引っ張りだこになるのはいいが、しばしクールダウンする必要もあるのではないかと、大きなお世話かもしれないが、素朴に心配するものである。

『沖縄タイムス』2016年8月5日
[PR]
by rnfrst | 2016-08-12 19:48