ブログトップ

rainforest

stsuchiya.exblog.jp

<   2016年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「 美術評論家連盟 2016年度シンポジウム《美術と表現の自由》当日記録 」

表題のシンポジウム録、公開されました。
シンポジウム当日、会場に来られなかった+来ても満員で入ることができなかった(済みません……)方々、ぜひこちらをお読みいただければ幸いです。

http://www.aicajapan.com/eventframe.htm
[PR]
by rnfrst | 2016-09-22 09:43

「親密さについて 結社の論理 「パープルタウンにおいでよ」展」『美術手帖』2016年10月号

パープルームによる展覧会の展評を寄稿しました。
短いレビュー論考ですが、そもそも「アンティミテ」と「結社」は並立するのか?というツッコミはあると思いますが、並立するのだ!という内容です。
ぜひご一読を。

http://www.bijutsu.press/books/2016/09/-201610.html
[PR]
by rnfrst | 2016-09-19 11:01

「「表現の自由」の危機」

 このところ、日本国内の美術界において、暗雲がたちこめている。美術表現に対する公権力の介入を、まずは列挙してみる。2014年、美術家のろくでなし子の逮捕・起訴。同年、愛知県美術館で開かれた「これからの写真」展に出品された、鷹野隆大の作品に対する、警察の指導。この二つの事例は、美術界の「外」からの介入ということになるが、さらに厄介なのは、次に挙げる事例である。
 2015年、東京都現代美術館で開かれた「ここはだれの場所?」展における、会田家(美術家の会田誠、岡田裕子夫妻とその子息の会田寅次郎によるグループ)による作品に対する、美術館それ自体および行政の介入による、作品展示撤去要請。2016年、同じく東京都現代美術館で開催された「キセイノセイキ」展の展示内容に対する、やはり美術館内部からの度重なる展示内容改変要請。このように明白に指摘できるほど、問題が表面化する事態が立て続けに起こっているのは、異常な事態である。
 筆者は、上記の諸問題に対して、都度、抗議声明を発したり、裁判において美術の専門家として意見書を提出したり、一言論人として論考を発表したりしてきた。国内には、美術評論家連盟という1954年に結成された団体が存在しており、私もその会員である。7月24日に東京都美術館の講堂において、連盟主催で「美術と表現の自由」と題されたシンポジウムが開催され、私も報告者およびパネリストとして登壇した。
 シンポジウムでの議論については、近日中、連盟のウェブサイトでその内容全体が公開される予定なので、内容についてはここでは説明しない。近年の表現規制については、性表現にかかわるもの、国政に対する批判的コメントとして提示されたもの、さらには天皇表象にかかわるものといったように、とりわけ日本の戦後において、「表現の自由」という名のもとに、繰り返し闘争が起こり、芸術にかかわる側から言えば、常に自らの自由を獲得するために、その自律的領域を確保しようとしてきたのであり、目新しい問題であるわけではない。けれども、ここ数年の国内情勢を鑑みるに、美術もまた社会と遊離して存在しているわけではない以上、それらの情勢と無関係とは言えない。
 問題は、公権力の側にのみあるわけではない。小泉政権時代の行政改革の流れ以後、高度な知識と倫理を備える専門職の従事者によって支えられてきた公教育(ミュージアムは教育機関である)は、「公設民営」化に伴う組織の相乗りによって、責任主体の所在が不明瞭になり、典型的な「無責任体質」を醸成に結びついたと思われる。東京都現代美術館の事例は、管理職レヴェルの上司が、既に展覧会企画が進んでいるさなかに、事後的に展示改変を要求するという、無茶な要求がなされたことが、外部に漏洩したという茶番劇であった。そのような茶番において、享受すべき権利を剥奪されるのは、美術家であり、教育機会を得るはずの市民である。
 上述のような事例は、日本の都市部で起こった事例であるが、沖縄では無関係であるかと言えば、そんなことはないだろう。先だっての参議院選挙の終了直後、なりふり構わず高江のヘリパッド工事を強行する政府が、美術も含むところの文化行政に対して介入してこない保証はどこにもない。県の文化行政の不見識を蒸し返すならば、2011年、沖縄県立博物館・美術館では、当時館長であった牧野浩隆が、館長の独断で、石川文洋がベトナム戦争の光景を撮影した著名な収蔵写真作品を撤去したという事例もあったことは明記しておこう。
 以上のような事態は、近代化が未成熟であるままの状態で、グローバリゼーションの時代に突入し、あからさまな弱肉強食がまかり通る状況の反映以外のなにものでもない。過去に戻ることができない以上、現在の極めて不安定な土壌でなんとか踏ん張るしかないわけだが、美術界にもまた、そのような「有事」への足音は、すぐ近くまで来ていることを、自覚しておかねばならない。

『沖縄タイムス』2016年8月26日
[PR]
by rnfrst | 2016-09-14 10:49

西島大介 X 土屋誠一「止めろと言われても止められないところまで来ているので、突破する」

現在、ワタリウム美術館の地下にあるオン・サンデーズにて個展を開催中の西島大介さんと対談します。
西島さんには『美術手帖』誌上で11年前に私がインタビュアーでお会いしたこともある(その記事は現在、西島さんの『土曜日の実験室+ 詩と批評とあと何か』(ちくま文庫)に収められています)のですが、そのあとは一切お会いする機会もなく、私は西島さんの仕事を継続して追ってきましたが、11年ぶりのリユニオンということもあり、同世代の継続すべきクリエイターとしてその活動を追ってきた私としては、とても楽しみです。
西島さんはめちゃくちゃ弁が立つ(というか、弾丸トークでどんどん話が横滑りしていく 笑)ので、私は交通整理と、西島さんの現在のスタンディングポイントを射抜く役回り、ということになると思いますが、アラフォーのオッサン二人はやる気満々ですので、どうぞご来場いただければ!

西島大介 X 土屋誠一
「止めろと言われても止められないところまで来ているので、突破する」
日時:9月17日(土)、20~22時
会場:オン・サンデーズ(ワタリウム美術館地下書店)
参加費:1500円(税込)
申込: onsundays@watarium.co.jp
長年にわたる「西島ウォッチャー」として漫画作品のみならず、そのジャンルを逸脱した表現活動の全域を注視してきた美術批評家・土屋誠一氏をゲストに迎えてのトーク・イベント。「美術手帖」2005年6月号「特集:物語る絵画」以来公の場では11年ぶりとなる、盟友同士によるシン・ゴジラばりに情報密度高めの対話にご期待ください。
http://www.watarium.co.jp/onsundays/html/

【展覧会】
西島大介 ぼうやがいっぱい/So Many Boys
会期:2016年8月26日(金)~9月25日(日)
会場:オン・サンデーズ
http://www.watarium.co.jp/onsundays/event/event&cafe.html
[PR]
by rnfrst | 2016-09-13 17:38