人気ブログランキング |
ブログトップ

rainforest

stsuchiya.exblog.jp

「表現の自由を考える 上 愛知「表現の不自由展・その後」

 「あいちトリエンナーレ2019」における、展示された美術作品での「慰安婦」、「昭和天皇」といった、センシティヴになりがちな表象をめぐって、インターネット上での「炎上」や、当該芸術祭実行委員会事務局への脅迫をほのめかす電話やFAXなどのクレーム、さらにそれに乗ずるように、いくつかの地方自治体の長は表現規制を促す発言を公的に行い、あるいは政府官房長官は文化庁を通じて芸術祭に投じられた助成金の撤回をほのめかした。このような破廉恥極まりない動向が、渦を巻いている。私は当該芸術祭を未見であるが、ニュースを見るにして既に、心底憂鬱である。敗戦後日本において、まともな民主主義的社会を成立させることに失敗したこと、加えて、20世紀から敗戦にまで至る、周辺地域への拡張主義的侵略について、その反省をも失敗した、この二つの失敗が露呈した、ということが、今回の騒動の根本であるように思う。このことは、本土からの沖縄に対する、今日も基地問題が典型であるような不当な扱いを日々見聞きする、沖縄で日々の生活を営んでいる私たちには、うんざりするほど見慣れた構図ではある。しかし、見慣れているからといってその深刻さは低減するわけではなく、むしろ、より危機的状況へと高まっているように思われる。
 まず、端的に言って、「慰安婦」や「昭和天皇」の戦争責任については、その事実性を受けとめた上で、繊細に議論を継続しない限り、近隣諸国との友好的な外交など期待できないということを認めるべきだ。慰安婦制度など存在しなかった、太平洋戦争は「正しい」戦争であったがゆえに、天皇には責任がない、などといった繰り言を反復して、「美しい国」としての日本に、自らのアイデンティティを仮託することは、いい加減やめたほうがいい。このような、歴史的事実に対する過剰な「否認」は、単なるナショナルな心情に基づく「反動」以外のなにものでもなく、諸外国から見れば幼稚な国民による幼稚な国家にしか見えないのは明らかだ。海外からの視点に立ってみれば、幼稚な国などに信頼を寄せないのは当然であり、国益(などという言葉は個人的には好まないが)を自ら損なうのは自明であろう。
 この、改めて論じるまでもないはずのことを、再び言わなければならないことに、やはり憂鬱を禁じ得ない。以上のような否認が激化し、正当であるとすら認識されつつある状況において、例えば沖縄戦を主題にしたり、あるいは米軍基地への批判的な視点を主題にしたりする作品(の多様な実践の蓄積を、各芸術ジャンルにおいて、既に持っているわけだが)が展開される場合、戦後補償や日米安保に基づいて「国の都合」が悪いと判断されれば、国や地方自治体であれ民間であれ、「公開を差し控える」としても差し支えないことが常態化する可能性を、強く危惧する。そもそも、芸術表現に込められた政治的態度表明に対して、国や自治体のような公的機関であれ、民間組織であれ、表現の場を封殺する、あるいは、資金的な援助を打ち切ることをチラつかせるなどといった威嚇を行うことは、既に各所で指摘されているように、いわゆる「表現の自由」に抵触することはもちろんのこと、鑑賞する市民の自発的な判断能力に信を置かない傲慢さのあらわれですらある。だが、実体があるかどうかもさだかでない「美しい日本」にアイデンティティを仮託しなければならないほど、今日の日本人は自信を喪失し、憤懣を溜め込んでいるのもまた、事実であろう。そのような「空気」に、芸術は圧殺される。
 けれども、そもそも芸術とは、即自的な理解や是非とは、いささか異なる位相にあることを、改めて想起したほうがいい。古代、そこまでいかずとも数百年前の造形物や文芸などに、なぜ今日の私たちが関心を寄せるのか。そこには「歴史のお勉強」や「教養」という実利だけでは説明ができない、いわば「理解しきれないもの」が豊富にあるからだ。芸術には、創造者自身も予想もしなかった数百年後を生きる人間にまで届いてしまう力がある。逆に言えば私たちには、今日生産される芸術作品を、未来を生きる人間に届けなければならない責任があるのであり、ゆえに拙速に「~は駄目なので排除する」という判断はしてはならないということだ。私たちは芸術に対し、もっと謙虚であったほうがいい。
 以上のことは、芸術の生産者や愛好家だけにかかわる問題ではない。なぜなら、芸術の営みもまた社会を構成する一要素である以上、愛好者の専有物ではないのであり、ゆえにそれらは可能な限り広く人々に開かれていたほうが合理的であるからだ。そのことで芸術が論争を引き起こしたり、貨幣やビジネス上の教養のような計量可能な価値として使用されたりすることもあろうが、芸術を擁護するということは、今日を生きる私たちが、未来に対する責任を負っていることを自覚することにあるのであり、このことを欠いては私たちの子の代、孫の代から「その時代の人間は幼稚であった」との誹りを受けても致し方ないことは、改めて認識しておくべきことだろう。

『沖縄タイムス』2019年8月15日
# by rnfrst | 2019-08-17 17:55

「表現の自由を考える 上 愛知「表現の不自由展・その後」『沖縄タイムス』2019年8月15日

 表題の論説が掲載されています。
 副題が「愛知「表現の不自由展・その後」」となっていますが、もうちょっと広い視点で書いています。
 それから「上」とありますが、「下」も私の論ではなく、別の方の寄稿です。
 『沖縄タイムス』のウェブ版でも、無料で公開されるようですが、まだ公開されていないみたいですね。
 重いテーマなので、「ぜひ読んでね!」とライトに言いづらいのがツラいですが、ご関心あればご一読いただければ。

# by rnfrst | 2019-08-15 11:42

詩「よこにうごく」(琉球詩壇:白井明大編)『琉球新報』2019年8月3日

現在、詩人の白井明大さんが編者をつとめておられる、『琉球新報』紙上の「琉球詩壇」のコーナーに、私が人生で初めて書いた詩(!?)を寄せました。
詩人でもない私なんかが、公の場で詩作なんて発表していいんだかわかりませんが、そんなに悪くない作品になったんじゃないかと思われますので、土屋誠一が書いた詩「よこにうごく」を読みたいなんていう奇特な方がおられましたら、どこかにひっそり紙面の画像が落ちたりしているかもしれませんので、ご一読いただければ幸いです。
あ、勿論、『琉球新報』を購読していらっしゃる方は、今日の号をチェックしていただければいいですし、沖縄県内にお住まいの方は、新聞販売店とかコンビニとかに行けば、購入できると思うので、実物をゲットしていただけるのがベストですよ!

# by rnfrst | 2019-08-03 19:18

「Book List 沖芸の先生による、今読むべきこの15冊! vol.1 夏休み!映画を深く観るための15冊(選者:土屋誠一)」@沖縄県立図書館 7月1日~9月30日

沖縄県立図書館と、私の本務校である沖縄県立芸術大学の連携企画として、「Book List 沖芸の先生による、今読むべきこの15冊!」という、県立図書館の蔵書を活用して、ワンテーマで選書するというものがスタートしました。
その企画の栄えある第一号として(というのは実は「やらせ」で、この事業の構想から実現まで、ほとんど全部私が自分でやったんだけど 笑)、不肖私が選書を担当させていただき、7月からの3か月の期間ということもあり、「うーん、夏休み企画といえば映画だな!」と考え、「夏休み!映画を深く観るための15冊」というテーマをたててセレクトしてみました。
図書館の蔵書に限るという制限のあるなか、比較的オーソドックスかつ、いかにも私らしいセレクトになったな、と、個人的にも面白がっているところなのですが、沖縄県立図書館に行かれる方はぜひコーナーを覗いていただきたい、ということと、行けないよ~、という方向けに、下記URLのいずれもから、選書コーナーに設置されているハンドアウトをPDFファイルで閲覧できるようになっておりますので、お目通し頂ければ幸いです。
なお、この選書企画は、今後も本務校の教員が選書するというかたちで続いていく予定で、これと並行して、展覧会企画として、「沖芸サテライト・ミニギャラリー」と称したミニ個展が開催されています。
今回の「vol.1」では、同僚の陶芸家の、山田サトシさんの個展が開催中ですので、どうかこちらもお見逃しなく!

沖縄県立芸術大学×沖縄県立図書館連携事業
「沖芸サテライト・ミニ・ギャラリー vol.1 山田サトシ小品展」
「Book List 沖芸の先生による、今読むべきこの15冊! vol.1 夏休み!映画を深く観るための15冊(選者:土屋誠一)」

会期:2019年7月1日(月)~9月30日(月)

時間:9:00~20:00

会場:沖縄県立図書館 4F(那覇市泉崎1-20-1)

休館日:毎週火曜日、年末年始、特別整理期間

http://www.okigei.ac.jp/experience/exhibit/e-2019/%e6%b2%96%e7%b8%84%e7%9c%8c%e7%ab%8b%e8%8a%b8%e8%a1%93%e5%a4%a7%e5%ad%a6x%e6%b2%96%e7%b8%84%e7%9c%8c%e7%ab%8b%e5%9b%b3%e6%9b%b8%e9%a4%a8%e9%80%a3%e6%90%ba%e4%ba%8b%e6%a5%ad-vol-1.html
https://www.library.pref.okinawa.jp/tenji/71vol115.html


# by rnfrst | 2019-07-01 17:56

「私が選ぶ平成のこの1点」『月刊アートコレクターズ』2019年5月号

「令和元年スペシャル 平成アート1989-2019」という特集内で、作品のセレクターと、セレクトした作品についての短いコメントを寄稿しました。
何を選んだのかについては、本誌をチェックいただければと思います!

https://www.tomosha.com/collectors/

# by rnfrst | 2019-04-28 12:11

日本映像学会 写真研究会 2018年度 第2回(通算第3回)研究発表会

運営メンバーとして参画している、日本映像学会 写真研究会の、研究発表会のお知らせです。
今回は京都で開催ですので、特に関西圏の方、ぜひご参集ください!
参加はご自由ですので、ぜひとも!!

日本映像学会 写真研究会 2018年度 第2回(通算第3回)研究発表会

開催概要

日時

2019年3月24日(日) 14:00〜(17:00終了予定)

会場

京都精華大学 清風館C101

606-8588 京都市左京区岩倉木野町137


 交通アクセス

http://www.kyoto-seika.ac.jp/about/access/

*なお、324日は日曜日ですが、オープン・キャンパス中につきスクール・バスが運行される予定です。



発表要旨
■報告1

「北海道リアリズム――「長万部写真道場」から辿る1950年代の集団撮影活動の事例について」

  中村絵美(美術家/北海道開拓写真研究協議会代表)


 北海道・長万部町で1951年に「長万部カメラ倶楽部」という名称で発足し、1967年「長万部写真道場」と名称を変えながらも、約40年間活動を続けたカメラクラブ(以下、写真道場と総称する)と、初期から解散までの写真道場の活動を支えた長万部出身の澤博(19242012)の写真活動を検証する。また1950年代に、<生活派>と自称しリアリズム写真の影響を反映していた北海道の写真家集団について紹介する。

 本発表は、澤博の没後、遺族が保管していた数千カットに及ぶフィルム、プリントを借り受け行っている調査・整理活動の成果とともに、長万部写真道場や被写体関係者の協力を受け、2018年、2019年と長万部町で開催した連続写真展、フォーラムの成果をあわせた発表内容とする。

 写真道場は、地元・長万部町を主要な撮影地とし、町中で働く人々や開拓農家、漁師といった、町を支える人々の多様な生活の姿を継続的に写真に収めた。彼らの写真活動の特徴は一つの地域を網羅的、長期的に、集団撮影していったことにある。中心的な会員は、土門拳が提唱した<リアリズム写真>の影響を色濃く受け、カメラ雑誌の月例欄や公募写真コンテスト、道展写真部門などに応募した。澤博らは全国、全道のアマチュア写真家と実力を競う<地方>のアマチュア写真家の一人であった。また、道内写真家の中でも早い段階に月例で評価を受けていた人物の一人、掛川源一郎(19132007)が、長万部町とは鉄路で一続きにある伊達市に当時在住しており、1958年から澤ら写真道場のメンバーと交流を行っている。掛川の代表作の一つである写真集『大地に生きる――北海道の沖縄村』(1980、第一法規出版)の撮影には、澤ら掛川を慕う撮影地在住の写真家の尽力があったことを本発表で示す。こうした広域の写真家同士の交流に関わって1950年代、北海道のアマチュア写真家で、特にリアリズム写真の傾向がある作風の集団が<生活派>と自称する。1958年、掛川が中心となり、澤ら写真道場の会員を含めた、地域を横断した写真グループ「道南写真作家集団」、同年12月に「現役作家のみによる自主的な集団」として別組織「北海道写真作家集団」が組織された。こうした道内写真家たちの活動については調査途上の段階であるが、写真道場の活動を検証する上で不可欠な要素と考え、紹介する。



報告2

「写真のなかの扉――ウジェーヌ・アジェの「敷居経験」について」

  久保和眞(大阪大学大学院言語文化研究科言語文化専攻博士後期課程)


本発表では、ウジェーヌ・アジェ (1857-1927) の写真に映り込む様々な「扉」あるいは「出入り口」に注目し、アジェの写真における空間をめぐる表象の問題について検討したい。分析、考察の中心となるのは、写真批評家ジョン・シャーカフスキーによって編集された写真集Atget (2000) とそれが依拠するMoMAのアーカイブに収められた写真群である。

パリの古い建物や装飾を撮影したアジェの写真のなかにあって、「扉」はそのような多くの主題のひとつである。しかし多様なすがたを見せる「扉」は、しばしば鑑賞者の解釈を誘うものとなる。実際、それらは単なる視覚的な興味の対象に限定されるものではない。都市における夢や幻想がいかにあらわれるか、その意義をめぐる議論が、これまで「ショーウインドウ」を撮影したアジェのいくつかの有名な写真をめぐって展開してきたが、発表者は「扉」というモチーフから、そのようなアジェの写真における「敷居経験」について一考を加えることができると考える。

本発表ではまず、様々な「扉」を映した写真の特徴を確認しながら、付随するシャーカフスキーの批評テクストを検討することで、それらがいかに鑑賞者に提示されているかを明らかにする。そのなかでもとくに鑑賞者の視線を建物の内部へ誘ういくつかの写真を取り上げ、そのような「扉」の表象をめぐる意味付けの問題について考察を行う。このとき参照するのは、1930年代にピエール・マッコルランによって書かれた、ほとんど文学テクストともとれるようなアジェ論である。マッコルランは特にアジェの写真に潜む秘密、不可解さあるいは神秘という特徴について独自の主張を展開しているが、果たして、アジェの写真は「扉」の奥、その内部の空間をいかに表象しえるのかあるいは表象しえないのか。発表者は、とりわけアジェの写真群の量的および資料的側面を考察の射程に収めながら、「扉」やその内部をめぐる表象の多様性を通して、アジェの写真における「敷居経験」について考えたい。

https://sites.google.com/site/jasiasshaken/

# by rnfrst | 2019-03-16 07:44

2019年 比較芸術学文化講座「芸術学の世界」 2月1日、8日、15日@沖縄県立芸術大学

私の所属する、沖縄県立芸術大学の比較芸術学専攻の主催で、表題のような連続講座が開催されます。どなたでもご参加いただけますので、ぜひご来場ください!

2019年 比較芸術学文化講座「芸術学の世界」

2019年 比較芸術学文化講座「芸術学の世界」を開講いたします。
このたび比較芸術学専攻(修士課程造形芸術研究科)では、比較芸術学専攻でどのようなことを学んでいるのか知っていただくために、一般の方に公開する講座を企画いたしました。その第一回目となる今回は、現代の美術表現について様々な角度から考える内容になっております。多くの皆様のご来場をお待ちしております。

≪2019年 比較芸術学文化講座「芸術学の世界」≫
日程:【第1回】平成31年2月1日(金)
   【第2回】平成31年2月8日(金)
   【第3回】平成31年2月15日(金)
時間:18:30~20:00  入場無料(どなたでもご参加いただけます)
会場:沖縄県立芸術大学 金城キャンパス 付属研究所 3階小講堂

*講座案内*
第1回 平成31年2月1日(金)
『文学と思想から表象を問い直す 近現代の沖縄を軸に』
講師:新城 郁夫
琉球大学 人文社会学部教授。
研究分野は日本/沖縄近代文学、ポストコロニアル批評、ジェンダー研究。
著書に『沖縄を聞く』(みすず書房、2010年)、『沖縄の傷という回路』(岩波書店、2014年)、『沖縄に連なる』(岩波書店、2018年)など。共著に『まなざしに触れる』(新城郁夫・鷹野隆大著、水声社、2014)など。


第2回 平成31年2月8日(金)
『東日本大震災後の表現とメディア』
講師:門林 岳史
関西大学 文学部准教授。
研究分野は映像論、表象文化論、メディアとコミュニケーション。
著書に『ホワッチャドゥーイン、マーシャル・マクルーハン?-感性論的メディア論-』(NTT出版、2009年)など。共著に『身体と親密圏の変容』(大澤真幸編、岩波書店、2015年)など。


第3回 平成31年2月15日(金)
『戦争と絵画表現-丸木位里・丸木俊共同制作を中心に-』
講師:上間かな恵
佐喜眞美術館学芸員。
共著に『残傷の音 「アジア・政治・アート」の未来へ』(李静和編著、岩波書店、2009年)、『時代を聞く 沖縄・水俣・四日市・新潟・福島』(池田理知子・田仲康博編著、せりか書房、2012年)など。論文に「山城見信 障がい児教育の軌跡と沖縄戦傷痕」(『美術運動史研究会ニュース』No.160、2017年)など。


本事業は沖縄県立芸術大学付属研究所の後援を受けて行われます。

問い合わせ:比較芸術学専攻
tel:098-882-5070
mail:geijutsu☆okigei.ac.jp(☆を@に変えて送信してください)


# by rnfrst | 2019-01-24 07:03

「重ね合わされたレイヤーから湧出するリアリティ 山田尚子監督作品『たまこまーけっと』、『映画 聲の形』を中心に」『アニメクリティーク』9.0号

表題の拙論が掲載された雑誌が刊行されました。
書誌情報は下記です。

「重ね合わされたレイヤーから湧出するリアリティ 山田尚子監督作品『たまこまーけっと』、『映画 聲の形』を中心に」『アニメクリティーク』9.0号(2018年)

『アニクリ』の略称で知られる当該誌ですが、この9.0号は「山田尚子監督 総特集号」と銘打たれており、私以外にも、強者の論者の方々が、ガチの論考を寄せておられます。
『アニクリ』は、いわゆる批評系同人誌ですので、一般書店流通しませんが、昨年末の冬コミでの初売り以後、即売会でも販売されるようですし(既に重版したとも!)、通信販売では、メロンブックスさんで下記URLから購入できるそうです。
https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=462796

今後の即売会等での発売などのスケジュールや、『アニクリ』の既刊情報など、下記ブログ
http://blog.livedoor.jp/anime_critique/
や『アニクリ』のツイッターアカウント
https://twitter.com/anime_critique
でご確認ください。

拙論もぜひお読みいただきたいですが、山田尚子というアニメ作家について、まとまった論考が読めるのは、いまのところ『アニクリ』さんだけだと思いますので、どうかぜひお買い逃しなく!

# by rnfrst | 2019-01-10 20:49

「自己組織化を繰り返す浅見貴子の「現代性」」『月刊アートコレクターズ』2018年1月号

『月刊アートコレクターズ』の最新号に、表題の短めの論考を寄稿しました。
個人的には、浅見貴子さんの画家としての素晴らしさを再確認した次第で、その可能性の中心を押さえて書いたつもりでおりますので、ぜひご一読いただければ。

土屋誠一「自己組織化を繰り返す浅見貴子の「現代性」」『月刊アートコレクターズ』2018年1月号

# by rnfrst | 2018-12-25 06:54

「展評 タマナハマキ個展」『沖縄タイムス』2018年12月21日

 小さな展示室の中央には、使い込まれたテーブルと椅子が置かれている。一方の丸椅子の上には、白く繊維だけ残ったクロトン(ヘンヨウボク)の葉が座面からこぼれ落ちるほど積もっている。壁面には、青色の絵の具かペンで手書きの、ところどころには機械で印字された文章が、多くは半透明の紙につづられている。けれども、同一平面上にズレながら折り重ねられるように、同じ用具で記されていたり、支持体が物理的に重なっていたりして、通読できないものがほとんどだ。そもそも、あるまとまりのある文章として、読まれることを望んでいないのだろう。通読できるただひとつのものとして、この美術家自身による、作品の趣旨を簡潔に記した文章が掲げられている。
 以前は漢字表記の名前で活動していたはずの、若い美術家であるタマナハマキの、これが初めての個展になるそうだ。大学の建物の一角にある、小さな展示室が会場であるとはいえ、ちょっと力試しをしてみた、という気軽なものではなく、多くの人々が参集する会場でなくとも、身を削った表現として届くべき人たちに届けたいというタマナハの芸術家としての切実さが、展示の端々まで細心の注意を払ったと思しき、インスタレーションのそのたたずまいから感じられる。
 タマナハ自身による説明文によると、パーキンソン病の進行で身動きが不自由になった祖母との交換ノートが、今回の作品の基盤になっているという。孫娘と祖母との、手記によるコミュニケーションの媒介者は、祖母を定期的に見舞う祖母の娘、つまりはタマナハの母であるそうだ。先に挙げた理由で、ノートから選択されたであろう、壁面に掲示された文章から、全体の脈絡を把握するのは難しい。しかし、断片的に読むことのできるフレーズを拾っていくと、雄弁な言葉のやりとりがそこで行われているわけではなく、むしろ日々の些細な出来事を、文字取り散文的につづったような、そんな何げないコミュニケーションが行われているであろうことがわかる。このような朴訥さや、そもそも文字として表された文章がほとんど読めないという点から、そう密接な関係を築いてこなかったという孫娘と祖母との言葉のやりとりの難しさ、ひいては、今日的な、コミュニケーションの困難さ一般を読み取ることが求められているのかもしれない。けれども、話はそう単純ではないだろう。
 人間関係の多様なあり方が肯定的に語られる今日において、自らの祖母―母―娘といった、血縁を主題にすること自体、反動的とみなされるかもしれない。興味深いことに、彼女たちのやりとりからは、「男」の存在がほぼ意識の枠外に置かれているように見える。これを女たちの共同体の可能性と、肯定的に理解することもできるだろうが、転じて、その背後に家族制度を温存しているのだと、否定的に退けることもまた、可能だろう。タマナハ自身、自らが生まれ育った沖縄という土地へのこだわりを隠そうとしないが、それはつまるところ、地縁・血縁共同体を無批判に肯定していることのしるしだと、捉えられることもあり得るだろう。
 このような古い共同体(あるいは共同性)は、近代化にともなう人間のアトム化が進めば進むほど、厄介な遺制として必然的に忌避される。人間が一人で生きていくことがしんどいならば、新しい共同体へと速やかに移行することが求められるだろうが、しかし今日なお、そのモデルすら判然としない。しがらみからの自由を謳歌するのはいいが、孤独であることの底冷えするような不安が耐え難い以上、忌避したはずの共同性を誰が無視できようか。今日の社会や人々の価値観が、過渡期にあるからこそ、このような古さと新しさの間で、少なからぬ人々が板挟みの状態にあるのだろう。
 タマナハの作品の、隅々までいきわたる緊張感は、このような古さと新しさとの間に身を置くことを選択することの反映だろう。そこは決して居心地のいい空間ではないが、世の中が複雑であるということそれ自体に対して、明晰な感度を持つ人間だけが発することのできる美しさがある。

『沖縄タイムス』2018年12月21日

# by rnfrst | 2018-12-22 14:59