ブログトップ

rainforest

stsuchiya.exblog.jp

トークイベント「日本画からシミュレーショニズムを経て」4/14(土)@The Artcomplex Center of Tokyo

美術家の松山賢さんの個展にあわせて、対談します。
松山さんはかなり多くのシリーズを同時並行させているという印象の強いアーティストだと思っており、私自身も「松山賢」の全貌がいったいどんなものか、いまだ見当がつかないぐらいです。
とはいえ、対談のタイトルにもあるように、「日本画」そして「シミュレーション(アプロプリエーション)」がひとつの鍵になると思いますので、そのあたりから、松山さんの仕事を掘っていければと思います。
ぜひご来場をば!
以下、展覧会の全体の情報です。
200点もの作品が展示されるとのことですので、これは絶対観ておいたほうがいい展覧会だと思います。

松山賢個展「絵の具・文様・野焼き・人物」
100坪のギャラリースペースで個展を開催します。海外やグループ展で発表し、個展では出品していない旧作に新作を交えます。日本画の絵具皿に絵具をのせた写真的な油彩画の背景を、絵具という物質によるミニマルな抽象画として、絵に描いた絵具で塗る「絵の具の絵」、その彫刻作品「絵の具の絵の絵の具箱」、縄文時代と同じ野焼きによる陶彫「縄文怪人土偶怪獣」、それを絵画にした「怪人図」、女性の服の図の模様と地の背景が同化して、絵画空間の中に存在するイリュージョンとしての立体が平面化する「地図」、花柄レースの壁面に裸婦が溶け込んでいく映像インスタレーション「フローラ」、特殊照明作家・市川平さんとのコラボレーションによる「焼き飛行体」、日本画など、大作小品合わせて約200点の作品を展示します。

■会期
2018/4/6(金)-4/22(日) 11:00-20:00
※月曜休館、最終日は17:00まで
[オープニングパーティー]
4/7(土) 18:00-20:00
[トークイベント]
「日本画からシミュレーショニズムを経て」
土屋誠一(美術批評家/沖縄県立芸術大学准教授)× 松山賢
4/14(土) 18:00-19:30

■会場
The Artcomplex Center of Tokyo
160-0015 東京都新宿区大京町12-9 B1F artcomplexhall
TEL 03-3341-3253

■入場料 無料
■協力 市川平(特殊照明作家)
■主催 The Artcomplex Center of Tokyo

http://www.gallerycomplex.com/schedule/Hall18/matsuyama_ken.html


[PR]
by rnfrst | 2018-03-13 14:29
<< 「写真とモビリティーズ 共同討... 2017年度第1回研究発表会@... >>