ブログトップ

rainforest

stsuchiya.exblog.jp

『芸術論の現在 沖縄からの発信』刊行!

表題の論文集が刊行されました。
これは、私の本務校である沖縄県立芸術大学が2016年度をもって開学30周年を迎えまして、専任教員たちが論考を寄せ合った記念論集になります。
「2016年度って、計算あわないじゃん」というツッコミはあろうかと思いますが、この論集の編集委員会の編集委員長は私がつとめておりまして、一言で申すと、私の不徳のいたすところです、はい。
出版物の性格上、市場流通しない、非売品のものになりますが、どうしても入手したい!という方がおられましたら、私めにご連絡いただければ、手配できるかもしれませんし、できないかもしれません。
と、モニョモニョわけわからん言い訳はこの辺にしておくとして、拙論の書誌情報は下記です。

土屋誠一「時間と空間の二重化 ロバート・モリス〈観測所〉(1971-1977)を中心に」「開学30周年記念論集」編集委員会編『芸術論の現在 沖縄からの発信 沖縄県立芸術大学開学30周年記念論集』沖縄県立芸術大学、2018年。

関係諸機関には随時発送作業を行っていきますので、発見された方はぜひお手に取ってご覧いただければ!

[PR]
by rnfrst | 2018-05-19 13:58
<< 「近接する映画とアート 七里圭... 「写真とモビリティーズ 共同討... >>